記 事 作 成 依 頼 承 り ま す

育休を少しだけ取得!取得してわかった育休の必要性と取得すべき理由

こんにちは。ソラウタです。

2人目の出産に合わせて、会社やカレンダーの休みを組み合わせ、なんとか1ヵ月だけ取得することができました。

さらに、GWと合わさり、結果1カ月半近く階差を休んで生活。

その間は赤ちゃんのお世話と、上の子の送迎など、家事育児をとにかくやりまくってました。

 

そんな生活を続けていくうちに、「ワンオペ」と言われる理由が身をもって理解。

そして、外で仕事をしているほうがいいと言うママさんの気持ちもわかるなー、なんて思いながらこなしていました。

補足メモ
男性の場合は出産をしていないので基本的には育休。但し、社内制度で育休とは別に産休制度がある会社もあるので確認し、しっかり活用しましょう。

 

さて、今回の記事はこれから出産を控えているパパさんに見てもらいたいです。

私は約1ヵ月半近く休みを取りましたが、妻の体の状態や上の子を見ながら赤ちゃんを子育てする、という観点から、全然足りないと思いました。

もし、

  • 普通そんなに休み取らないでしょ(笑)
  • 昔の人は一人でやってたんだから、育休なんて必要ない
  • 仕事が第一。家のことは二の次だ

そんな風に考えているパパさんがいたら、意識が低いと言わざるを得ません。

 

実際そういう風潮が結構まだあるよね

ソラウタ

 

産後の母体は、出産によるダメージで満身創痍。

産後いつから外出可能?母体へのダメージと回復スピードはどのくらいかで産後の状態について書いておりますので、必ず見てください。

産後いつから外出可能?母体へのダメージと回復スピードはどのくらいか

きっと上記の関連記事を見ていただければ少し考え方が変わるはず・・・

 

これからの未来、将来を考え少しで男の育児参加を促すために

  • 育休の必要性はあるのか
  • 職場に迷惑をかけてまで取得する理由はあるのか
  • 1人目でも育休は取得すべきなのか
  • 周りが取っていないから取り辛い

そんな風に思っている人たちの意識を、1人でも変えていけるよう書いていきます。

男性の育休取得率については、男性の育休取得率はなぜ低いの?他国の育休取得率と比較してみたを見ていただけるとわかると思います。

男性の育休取得率はなぜ低いの?他国の育休取得率と比較してみた

 

1人1人の意識で世の中は変わる。だからちゃんと読んで欲しいです

ソラウタ

実体験から感じた育休を取るべき理由

今回育休を本当に少しながら取ってみてわかったことが一つあります。

それは

改めて自分自身が親であるということを体で感じることができる

ということ。

 

女性と違って、男は胎動を感じたり、赤ちゃんをお腹の中で育てることができません。

なので、産まれた瞬間から父親になったという自覚を持つことはなかなか難しいんです。

じゃあ、どこで父親という自覚を持てるか。

それが育休というタイミングです。

 

正直それ以外のタイミングって絶対ないです

ソラウタ

 

あなたの周りをよく見てください。

家に帰って子ども、家族との時間よりも、職場や同僚の飲み会を優先している人っていませんか?

多分、そういう人たちは新生児~1歳児までの間の子育てにあまり関わっていないと思います。

しかも、「子育て=子どもと遊ぶ」だと思っている場合がほとんど。

(それも大事ですけど、全てじゃないです)

 

育児というのは本当にやることがたくさんあります。

ただ遊ぶ、怒るだけが子育てではありません。育児の中には当然家事も入ってくると私は考えています。

それも知ることが出来て本当に良かったと思いますし、育児というものの考え方を少しでも広げることができました。

 

では、ソラウタ家の場合ですが、子育ての一日を簡単にご紹介。

頭でわかっているだけではダメです。

自分が奥さんの立場だったら、と思いながら読んで貰えたらと思います。

 

聞くとやるとじゃあ大違いでした

ソラウタ



子育ての一日はバタバタから始まる

産前から娘ちゃんの着替えと朝ご飯は私が仕事に行く前にやっていたのですが、保育園の送迎は勤務時間の関係から妻がやっていました。

当然産後の育休中は私がやります。妻はその間、体の調子を整えたり赤ちゃんを抱っこしたり。

(実は産後うつの傾向が出始めました。妻が産後うつになった。夫側から見た産後うつ記録 産後2週間目で記録しています)

 

娘ちゃんに朝食を出して食べさせるのですが、まぁテレビを見ながら食べてるので遅いこと遅いこと。

(私も一緒に見てました笑)

しかもイヤイヤフィーバー突入で余計大変。

これを毎日赤ちゃんを見ながらだと発狂してもおかしくないかもですね。

イヤイヤ期については、イヤイヤ期の子どもにイライラしない方法は?うちはこうやってます!で記事にしていますので、合わせてご覧ください。

 

シャキーンとかはながっぱって面白いからしょうがないよね

ソラウタ

 

早く食べて!!と急かしバタバタと自分の身支度をして・・・保育園に送って・・・

帰宅後は食べた食器の片付けや、部屋の掃除に洗濯。

天気が良かったら赤ちゃんとちょっとだけ散歩したり、ミルクを上げたり。

 

毎日こんな朝を迎えて仕事に行っている世の中のママさん。本当に毎日お疲れ様です。あなた方のおかげで男は仕事に行けています!

ソラウタ

 

育休に入る前、朝着替えだけさせて仕事に行っていました。

それと比べると全然大変さが違います。

育児と家事。一日常に落ち着かない

娘ちゃんを送った後は妻と息子ちゃんと3人になるので、そこまで忙しくはないのですが、夕飯の買い物に行ったり、都度ミルクをやったり、保育園に迎えに行ったりと意外と落ち着かないんです。

 

やっと一息!と思ったら次は迎えかい!

ソラウタ

 

夕方には迎えに行き、夕飯を作り、食べて、食器洗って風呂に入れて、寝かしつけて・・・

気づけば毎日夜の11時過ぎ。

風呂入れて寝かしつけはいつもやってましたので、慣れたもんなのでいいんですけど。

(自分で言うあたり怪しいですわw)

自分の時間は皆無で、一日が本当にあっという間です。

日付が変わる頃にやっと休める

ようやく全て終わってやっとテレビを見たりスマホをゆっくり触れる時間になります。

ふと気づくともう12時を回っています。これを365日やれっていう男は最低すぎると思います。

夜の流れは育休前と同じなのでわかっていましたが、娘ちゃんを寝かしつけた後、息子ちゃんのミルクやりが増えたのでかなりハード。

本当に一日過ぎるのが非常に早く、これではワンオペの環境では余裕など持てるはずがありません。

 

世の男性の皆さん。ここまで見て、まだ仕事優先ですか?まだ飲み会優先ですか?

ソラウタ

育休を取りづらい、1人目でも取るべきか

さて、育休の必要性についてなんとなくでも感じてもらえたかと思います。

ここで、別の悩みについて書いていきたいと思います。

正直これはその人がどれだけ育児に対して考えているかで変わってくると思います。

育休を取りづらいとと思う原因と解決策

大体取りづらいと感じる原因は、

取りづらいと感じる原因

1.前例がないために一歩先に進めない

2.上司や先輩が育児にあまり関心がない

3.男は仕事、女は家事育児という感覚が強い

が多いと思います。

これらを打破し、取得に一歩足を出すには、自分自身の考え方を変える必要があります。

変えない限り最終目標である「育休取得」を達成することはかなり難しいと思います。

 

簡単にどういう風に考えればいいか、書いていきますね。偉そうかもしれませんが見てください

ソラウタ

 

まず、1番について。

日本の風潮として前例がないことに対して、物凄く消極的。

そのせいで取りづらい状況になっていることが多いと思います。

だからこそ、あなたが前例第1号になればいいのです。

 

後輩や若手がいれば尚のこと。しかもヒーローになれるかもしれませんし、会社全体を変えることが出来るかもしれません。

それには勇気がいります。でもこれから産まれてくる赤ちゃんのこと、奥さんのことを考えれば頑張れませんか?

 

次に2番について。

少し上の世代になってくると、仕事一筋っていう人が多かったんですよね。

そのため、子供の成長には関心があっても、子育てや育児に関心があるという人は少ない傾向があります。

 

もし、その人たちが育休について冷たい感じでしたら、

「家族を守り、自分の人生や選択に責任を持つのは誰でもない自分だ」

と思うようにしてください。第三者を気にして本当に大事なものを後回しにすることほど馬鹿げた話はありません。

 

最後に3番について。

もう考え方が古いとしか言えません。

核家族化が進む中、子育て中の孤立化は止めることが出来ませんし、助け合うという環境もほとんどないです。

なので1人目だとか2人目だとか関係なしに育休を取るべきだと思います。

出産後身近で、もっとも頼れるのは旦那さんだけですし、夫婦でやっていかないといけませんので。

そんな中、今だにそんなことを言っているようでは父親としての意識が低い気がしますねぇ。

 

長々と偉そうに書いてしまいました。

もし、他にも悩んでいることがある人はコメントやお問い合わせからご連絡ください!

一緒に解決策を見つけたいです!



まとめ

今回の育休を通して、

  • 育休の必要性はあるのか
  • 職場に迷惑をかけてまで取得する理由はあるのか
  • 1人目でも育休は取得すべきなのか
  • 周りが取っていないから取り辛い

 

と思っている人に向けて記事を書きました。

 

上手く書けている自身はないですけど、これを読んで取得するぞ!って人がいれば増えてほしい!

ソラウタ

 

正直、育休を取って育児にガッチリ関わるまで、こんなハードな一日を過ごしていたのはわかりませんでした。

うちは裕福でないので共働き。世の大半のご家庭も同じだと思います。

なので当然日中は妻も仕事です。

ということは、洗濯や買い物、その他育休中に日中やっていたことが全て夜に回るのです。

出張中や残業で遅くなった時、これらを全て今まで一人でこなしていたこともわかりました。

 

育休を取るべきだし、男も育児に主力として参戦すべきだと今回の経験で身をもって知り、理解しました。

仕事をしているから偉いとか、疲れるとかもう古い考え。

今は、仕事は効率化して早く帰る、そして男も一緒に家事育児をしていく時代です。

 

育休はなにも大変なことばかりではありません。

子どもの成長や、その瞬間の可愛い顔を見逃さない最高の瞬間でもあります。

なので、消極的にならずに取得に向けて動いてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です