記 事 作 成 依 頼 承 り ま す

産後いつから外出可能?母体へのダメージと回復スピードはどのくらいか

一人目の時も二人目の時も出産後1ヶ月ほど外出ができず、気が滅入ってしまっている妻。

確かに産後は体力、メンタル的に落ちてしまい無理ができない状況なのが物凄くわかります。

まして二人目出産し、退院2週間目に入って産後うつにもなってしまいました。

朝から晩まで赤ちゃんと二人で家の中というのは中々きついものがあります

今回たった2週間の育休ですが身をもって感じました。またこの産後うつになった妻を支えられるのは夫の自分しかいないとも思っています。

妻が産後うつになり2週間が経過 夫側から見た産後うつ記録 妻が産後うつになった夫へ 一人で抱えず、誰かを頼ってください

さてスーパーで買い物をしていたりすると、どう見ても1ヶ月経っていない赤ちゃんを抱っこしているママさんも見かけます

旦那さんが育休をとれず実家も仕事などで頼れなければそうなってしまいますよね。

大体外出が産後1ヶ月程度後というのは、どういう理由なのでしょうか。

妻のフォローのためによく知りたいと思います。

支えるには妻の状態をよく知る必要があるな。でないと寄り添えない

ソラウタ

産後、母体はどういう状況か

産後母体がどういう状況なのか私たち男はよく知らないと妻をフォローすることができません。

妻自身もそのきつい状況に戸惑ったりしているので退院したからと言って万全ではないことを理解してください。

肉体的にだけではなく、精神的にもバランスが崩れ産後うつになる可能性も十分あります。

男が知ることで妻に正しく寄り添うことができ、会社では部下や同僚の育休に対しても理解ができるかと思います。

出産後の母体の状況はボロボロでしんどい 産後夫はなにができるか

後陣痛

妊娠中、赤ちゃんはお腹の中で成長します。

その時に子宮も一緒に成長。出産すると、子宮は役目を終えて妊娠前の大きさに戻ろうとします。

その時に出る痛みが後陣痛です。

痛みの強さ、期間の長さは個人差があるようです。

軽い人は痛くても歩けたり出来るのですが、酷い方は痛くて動けないという場合も。

うちの妻は結構きつく、痛みが引くまで動けませんでした。

痛みの期間は個人差が激しくなんとも言えません。長女出産のときは1ヶ月近く痛みがあるようでした。

授乳することで後陣痛の痛みが強くなるときがありますが、その分子宮の回復を促してくれます



悪露

悪露とは出産時に排出される胎盤、子宮からの分泌物や血液を言います。

生理よりも血液量がはるかに多いので通常のナプキンでは対応できません。

産後パッドや産褥ナプキンを使用するといいです。

旦那さん、奥さんが動けないときちゃんと買いに行ってあげてくださいね。

通常3~4日は血液と同じ赤ですが、次第に褐色⇒透明と変わっていきます

この色の変化は今の体の状態を確認することができるので、ママさんは定期的に確認し、清潔にしておきましょう。

悪路は後陣痛の痛みが軽くなるにつれて量も減っていきます。

大体4~6週間排出され続けますが、徐々に量は減っていきます。

1ヶ月近く経っても量が減らない場合は1ヶ月健診時医師に相談してみる必要があります。

産後うつ

産後に起こる精神の不安定を産後うつと言い、通常出産してから1ヶ月までになりやすいと言われてます。

原因は主にホルモンバランスが崩れるためです。

出産を終えて落ち着こうとしたときに、体の不調やハードな育児がのしかかり体と精神のバランスが崩れがつなことも原因の一つとされてます。

人によって症状は色々で、涙もろくなったり、イライラしたり、不安感が拭えずどうしたらいいかわからなくなったり。

妻は涙もろくなり、イライラ、不安感が強くでています。なんとか紛らわせてあげたいのですが・・・

放っておくと食欲減退、不眠症、最悪の場合自分で・・・なんてことも考えられます。

産院での受診や育児相談窓口に行くのも一つの手です。勿論夫も一緒に行くべきですよ。そして一番の理解者になってください

産後うつについては夫としても非常に重要な症状ですので、別でまた書きたいと思います。

妻が産後うつになり2週間が経過 夫側から見た産後うつ記録



骨盤の変化

子宮同様赤ちゃんが成長するにつれて骨盤が広がります。出産後またもとに戻ろうとするのですが、少しでもズレや歪みがあると股関節や腰痛の痛みに繋がり、後々非常に悩まされます。

産院で指導があるかと思いますので、よく確認しておきましょう。

ガードルと言われるアイテムもあるので、産院で買えるか、買えなければ事前に準備しておく必要があります。

これだけ体にきつい負荷がかかっている

見るだけでも非常に苦しい負荷がかかっていることが分かると思います。こういった状況でママさん一人で家事育児をすることが拷問と同じです。

育休は育児休暇の略ですが、それだけやってりゃいいのではないです。こうした産後の妻を支え、フォローするための休暇なのです。

昨今イクメンイクメンとはやし立てられいい気になっている男性のみなさん。

育児をしていればイクメンではないです。

育児は最低限。家事もやり、妻のフォローもやってこそのイクメンだと私は思っています。



産後いつから外出できるか

色々と調べていく中で、とてもわかりやすくまとめている記事がありました。

参考 出産後、外出はいつからできる?答え「産後29日目以降」ママブログ 様

かなりわかりやすい。

本当にその通りだと思います。

抜粋

産後2週目(退院直後):退院後はとにかく安静に。まだ家事はしないでください。

産後3週目:軽い家事から。のんびり始めましょう。

産後4週目:普段通りの家事が行えるようになります。

産後5週目:母体はほぼ回復。できることは自分でやろう。

産後6~8週目:職場復帰をする人はこの頃からできます。

もっとこういうわかりやすい情報を拡散すべきだと思います。

正直漠然としか理解できていなかったので、かなり納得することができました。

子育てを終えた世代の人たちにも知ってもらいたいですし、再度理解をしてもらいたいです。

安静にしていなければならない一番の理由

同参考記事内で休まなかった場合に起こるリスクについても触れています。

抜粋

出産とは、急激に大量の血液を失うということ。

妊娠し、10か月かけて徐々に増えたものが一気に失われるので、体はその変化についていけない。

そのため、産後から動き回って無理をすると、眩暈がしたり体が冷えて体調を崩しがちになるのです。

そりゃそうですよね。

それはなにも妊娠、出産だけではなく、徐々にならしてきたものから前に戻せと言われれば、それに慣れるまでかかるのと同じです。

前出来てたのになんで出来ないとか言う人よく見ますが、出来ててもブランクを埋め終わり、慣れてなきゃできるわけない

この時期に休まないと更年期(45~55歳)の健康状態にも悪影響を及ぼす可能性があるみたいです。

だから結構更年期の特集番組を見るのですね。

男は外で仕事だなんて言っていた世代の奥さん方がまさにそうではないでしょうか。



床上げなんて今妊娠し、出産を控えている世代にできないし、そんな期間とれるわけがない

ちょっと気になる内容がありました。

一昔前までは、出産後約1ヶ月間、しっかり休んで徐々に家事に復帰する習慣があった

そんな期間がとれる時代だったんかい、と。目を疑いました。

確かに今も床上げ期間をしっかりとれる世帯もあるかと思いますが、恐らく殆どの世帯では無理でしょう。

今はもうどの世代もお金がなく、赤ちゃんからみて祖父母世代も共働きが非常に多いです。

それは地方に行けばさらに顕著で、そうしないと生活がなりたたないからです。

結局、里帰りしたところで、両親は共働き、自分の家にいても旦那がいない、旦那の会社や同僚、上司は育休に理解がない。

そんなんで床上げ期間なんて作れるわけないですよ。

だから子どもを産みたくないという発想になるのです。

周りに理解がないのですから。

まとめ 「育休は育児と妻を支えることがメインの休暇である」

現在育児休暇を取っておられる方で育休は育児のみを妻の代わりにする休暇だと思っている人はいますか?

もしいたらそれはちょっと間違いです。家事をできるようになるのは4週目から。

それまでは無理せず、安静にしていなければなりません。

育児も同じで、ミルクからおむつ、沐浴など全てを一人でやるのは体に非常に負担があるのです。

今の中高年の人たちはこぞって

「皆やってるしそれが普通だろう」

「お前の奥さん弱いな」

「今の若い奴らは甘いな」

と言うでしょうが、それは中高年の人たちが何もわかっていないだけです。

よく見てください。そういう人たちほど家事育児はやってないですし、奥さんに愛想を尽かされてます。

待っているのはATM化⇒熟年離婚のコンボ技です。

自分や家族になにかあったときに会社や上司、同僚はなにもしてくれません。するのは遠回しな退職のすすめだけです。

自分にとって何が大事かをしっかり理解し、どのように産後を過ごすか家族でよく相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です