記 事 作 成 依 頼 承 り ま す

妻が産後うつになり2週間が経過 夫側から見た産後うつ記録

産後うつシリーズを読むにあたって

妻の産後うつを側で見てきた夫主観の記事になります。

産後うつを直接治したり、改善するための記事ではありません。

誰にも理解されず一人で看病している夫、産後うつで苦しんでいるママさんの孤独感や辛さに少しでも寄り添えればと思い書いています。

 

その辺ご理解の上、記事を読んでいたけると幸いです。

こんにちは。ソラウタです。

息子を産んで2週間。妻が産後うつになりました。

 

たまに、

・生後数週間、数か月の赤ちゃんを殺したお母さんを逮捕

・お母さんが自殺、生後数か月の赤ちゃんがいた。

そんな胸が苦しくなるニュースを見た、来たことはありませんでしょうか。

 

恐らくそれらニュースを知った人たちは

 

「赤ちゃんが産まれて幸せたっぷりなのにどうして」

「心中するくらいなら産まなければいいのに」

「親として覚悟ないのに生んだのか」

 

など親に対して厳しい意見ばかり。

 

実際、妻が産後うつにならなければ、その一人になっていたと思います

ソラウタ

 

妻が産後うつになって、

  • なぜそのようなことに繋がったのか
  • 痛ましい事件、事故の背景にどんな感情があったのか
  • 周りの目が厳しいこと

 

など初めて知り、理解しました。

 

うつがどんなものかが世間に広まったとは言え、まだまだ偏見がかなりあるように感じます。

産後うつで苦しみ、自分を責めている状況にも関わらず、実際妻は実母や実父から

「気持ちの問題でしょ」

「薬飲んでも意味ないでしょ」

「親になれ」

等々言われました。

 

そういう問題じゃなくねって感じです。本質がズレていると言うか・・・

ソラウタ

 

それが今後の産後うつ、育児生活に割と大きい影響を及ぼします。

産後うつで苦しんでいるママさんにとって参考や道しるべになればと思います。

側で支える夫も一人で常に孤独や心労、体力ときついです。

妻が産後うつになった夫へ 一人で抱えず、誰かを頼ってくださいを読んでください。少しでも寄り添えるかと思います。

妻が産後うつになった夫へ 一人で抱えず、誰かを頼ってください

妻が産後うつになった瞬間

私の妻は二人目を出産後、2週間目に産後うつになりました。

産後うつというのは出産後すぐになったりするママさんもいますが、妻は時間差できました。

妻が産後うつになる瞬間というのは本当にいきなり来ます。

 

妻は産後退院し、ずっと笑って元気にやっていたのですが、妻の両親が遊びに来て、帰って見送りが終わった瞬間・・・妻は泣いていました。

後から話を聞くと、その時急に強い不安感(主に子育てがちゃんとできるか、1人で日中いられるか)が襲ってきて、それがどんどん膨らんできたそう。

 

発見や治療が早ければ早いほど回復も早いと言われています。

なのでママさん自身違和感を感じたら夫にSOSを出してください。

そして夫はそれを拒絶せずに、話を聞いて様子を見ることが非常に重要です。

妻が産後うつになり入院する寸前までいった。夫からみた産後うつ記録でも書いておりますが、入院する可能性も十分にあります。

 

産後うつは1人目でならなかったから、次ならないというものではないです。むしろ2人目でなる可能性のほうが高いので要注意です。

ソラウタ



産後うつ時の精神状態

普通の人は1ヶ月、3か月なんてあっという間だと思っても、産後うつになった妻には永遠に続く時間に感じているようでした。

妻の話を聞いていると、

「夢も希望もなく、先のことなんてなにも考えられない、考えたくない」

そんな状況でした。

 

また、常に泣きたいといった感情、死にたいといった感情が沸いてきているらしく、目が離せない状況でした。

育休を少しだけ取得!取得してわかった育休の必要性と取得すべき理由で書いていましたが、本当にちょっとだけでも取れてよかったです。

育休を少しだけ取得!取得してわかった育休の必要性と取得すべき理由

産後うつの症状って具体的にどんな症状?

産後うつってどんな症状になるか知っておくだけでも、本人も周りも対応や気持ちの持ち方が変わってきます。

いきなり別の症状がでたときに戸惑いを少なくするために、どんな症状なのか知る必要があるなと思ましたので、簡単に書いていきます。

 

私もよく理解するために色々と調べてみると、妻の症状全てが産後うつに当てはまりました。

なので妻がなった症状をベースにまとめます。

後に出てきた症状や、他の産後うつの症状については妻がなった産後うつとはどんな症状?夫にできることはある?を読んでください。

妻がなった産後うつとはどんな症状?夫にできることはある?

自己否定をしてしまう

自分はなにも出来ていない、一人ではなにも出来ないと感じてしまい、自分なんてダメだと思ってしまいます。

私や周りの人がサポートし過ぎてしまうと尚更強くそう感じているようでした。

本人の気持ちが調子いい時は、フォローしながらやってもらって少しずつ自信に繋げてあげるのも一つです。

育児をちゃんとできるのか不安で苦しく、辛くなる

どうしても育児に対して自信が持てないため、「ママなのになんで何もできないの」といった感情が襲ってきます。

家事についても同様に感じてしまう場合もあります。

家事なんてものは二の次、三の次で夫や義母、両親に任せときゃいいんです。

赤ちゃんといると不安と気が張って寝れなくなる

これは男の私でも少しわかる気がします。

子どもが隣で寝ていると、寝返りしたとき膝を落としてけがをさせるんではないかと。

理由はどうあれ、不安ですし気が張っちゃいますよね。

そんなきとは無理に寝ようとすると体に負担がかかっちゃいます。

適当に音楽でも聞いたり、マンガでも読んだりしながら子どもたちの寝顔を見たりするのもいいですよ

自分なんか母親になれないと思ってしまう

お腹の中で、命を懸けて育ててる時点で立派なママです。

産んだ後に親になるんではないですよ。

命を懸けて守り、命を懸けて産む。

十分立派な母親、ママさんだと思いますよ?

 

妻が妊婦さんのうちに、男たちはちゃんとパパという意識を確立させないとダメ

ソラウタ

産後うつになると、死ぬことを強く意識してしまう

産後うつの症状が特に出ている時期だと思います。

その気持ちを一人で持っていてはいけません

夫や、両親、祖父母誰でもいいので話を聞いてくれる人に勇気を出して話してください

そしてその感情や、辛さを共有してください。

この感情だけは抱え込んでは決して駄目です

取り返しのつかないことになってからでは遅いですから。

これらが常にあるので涙もろくなる

産後身心ともに疲弊しているのにそのような感情が常にあるのですから当然です。

泣きたいときは泣いてしまいましょう

周りがちゃんと受け止めてくれますから。

2週間が経過し、一旦立ち止まるのも必要かと思った

育児ばかりだとどんどんきつくなります。

しかも妊娠してからずっと気を張りっぱなし。

そういうことを考えると、焦らず一旦立ち止まって、家事や育児にゆっくり向き合うのも必要だなぁーと感じました。

 

もしかしたらそれで悪化しないで、徐々に収まるかな?なんて思ったりもしました

ソラウタ

 

調子がいい時は赤ちゃんを夫にでも見てもらって、のんびり散歩したり、出来そうなことをしてみてください。

日光浴でもいいです。ちょっとだけ気分が楽になるかもしれません。

 

外出の際は、産後のママさんの体の状態に気を付けてくださいね。

ママさんの体の状態については、産後いつから外出可能?母体へのダメージと回復スピードはどのくらいかで書いていますので、一度ご覧ください。

産後いつから外出可能?母体へのダメージと回復スピードはどのくらいか



2週間経過し感じ、思ったこと

苦しいとき、辛いとき大丈夫だって自分で思わないでください。言い聞かせないでください

自分は苦しいんだ、辛いんだとありのまま感じて下さい。

それを予定してしまっていると、どんどん症状が悪化することが懸念されます。

徐々にゆっくり許してあげてください。

そして夫や両親など支えの人に、今辛いんだー、苦しんだ―と言っちゃいましょう

溜まったものは吐き出しちゃいましょう。

毎日、その瞬間ちゃんとママをやれてますよ。育児中孤独に感じても一人じゃないですよ。

 

もちろんそばで支える夫も同じです。

一人で育児と看病をするのは冗談抜きで酷です。それに屈せず耐えるには、頼り息抜きなど自己管理を徹底してやる必要があります。

 

どんな風に捉え、理解し、受け止めればいいか、何をしたらいいかを、実体験ベースですが、妻が産後うつになった夫へ 一人で抱えず、誰かを頼ってくださいでまとめています。

妻が産後うつになった夫へ 一人で抱えず、誰かを頼ってください

迷ったとき、自分を信じれなくなった時、見てください。

こんな人もいるんだなー、こういう風な考えもありかーと思えると思いますので。



最後に

長女の時に買い今も読んでいます。

支える側の夫や親、そして辛い思いをしている人ほど読んでもらいたいです。

今も妻は辛い時によく読んでいます。

また、こちらも出来れば必ず読んでほしいです。

(今ブロガー事情でこれだけアマゾン広告で貼ってます)

 

ミィさんのものはブログでガッチリみました。産後うつ中何度も何度も助けられ、精神的支えになりました

ソラウタ

 

中を見るとこういう考え方で育児に向かってもいいんだと思えるような内容、そして産後うつになるまでの精神状況や怖さが書かれています。

こういった本を見ることが、長い産後うつに対して覚悟を決められると思います。

 

上手くまとめられませんでしたが、2週間経過した時点での症状と、感じたことのまとめでした。

次の記録、妻が産後うつになり1ヵ月が経過。うつの症状に変化が出てきた 夫からみた産後うつ記録はこちらからです!

妻が産後うつになり1ヵ月が経過。うつの症状に変化が出てきた 夫からみた産後うつ記録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です