記 事 作 成 依 頼 承 り ま す

iphone6/iphone7をワイヤレス充電対応にしてみた

私の愛機、iphone6。

こいつは妻からのおさがりで、もうかれこれ4年以上になります。

使い勝手は今更レビュー的な感じで言うつもりはありません。バッチリ文句なしです。

ただ一つ非常に気に入らない部分があります。

それは

Lightningケーブルが脆過ぎること

 

本当にすぐ壊れる!しかも値段もするし・・

ソラウタ

 

過去1年間で6本駄目にしましたよ。

その度にケーズデンキとかで買っていて、金額にして8000円くらい使っている気がします。

まぁ純正だったり、アップルから認証を受けているケーブルだったりを買っていたからですが・・・

運が悪かっただけなのか、とにかく壊れまくり。酷い奴なんて1週間くらいでおしゃかでしたね。

 

そんな悩みから解放されたい。そこで考え、思いつきました。

ワイヤレス充電ってできないんかねと。

ライトニングケーブルについて

色々と買い、失敗した経験から、ライトニングケーブルはamazonのこういったタイプが、コスパ良しでした。

下の商品は5本セットです。

iphone6をQiに対応させる

思いついたのはいいですが、そもそもできるんかねと調べてみると、単純にレシーバーをつければいけるよう。

物の値段はピンキリ様々で、レシーバーむき出しでiphoneに差し込んで使うタイプ(これは比較的安い)、ケースに組み込まれているタイプがあり、むき出しは安いです。(下参照)

物単体が非常に安く、壊れてもすぐに買い替えが容易なのでいいのですが、見た目と使い勝手が全然ワイヤレスの意味がないです。

結局ワイヤード仕様は変わりません。

補足
ワイヤレス充電のことをQi(チー)って言います。

レシーバーとケース一体型に決めた。ついでに置かれる側も決定。

折角ワイヤレスにするのであれば、ちゃんと置くだけですぐに充電したいです。

なのでこれに決めました。

これで私のiphone6はQi対応スマホへ大変身し、かつ置くだけで充電をしてくれます。

使い勝手はかなり良い

実際物が届いてみて使ってみると(現在進行形で使用中)、かなり便利です。

ポケットから出して置くだけでピコンとなり充電を開始してくれます。

いちいち腫物を触るかのようにLightningのコネクタ部を持って、iphoneに差す必要がなくなったのです。

 

開放感がハンパネーーー

ソラウタ

それぞれのレビュー

しばらく使っていくと、それぞれの欠点が見えてきました。

もしこの記事をみて検討してくれている方が居れば、目を通してもらいたいです。

ゲームや動画など何かしながらの充電が不可

当然ですね。置いておかないと充電しないのですから。

充電しながら使うとなると置きながら使うしかないのですが、そんなのは余り実用出来ではないです。

ツムラーの私にはちょっと使い勝手が良くなく、充電しながらプレイをしたいときはいちいちケースを外しています。

補足
レシーバーとケース一体型の物は、本体の充電部にコネクタを接続します。そのため、Lightningケーブルを差しながらの使用ができないのです。

置かれる側が結構シビア

ちゃんとセンター付近に本体を合わせてあげないと感知してくれません。

他にないか探していると立てかけタイプのものもありました。そちらのほうが自然と感知部分い合わさりやすそうですので、おすすめです。

ちなみに、なにかの振動でずれてしまうと充電されませんので置き場所には注意です。

 

前に一度、夜寝るとき枕元に置いて充電して寝たのですが、寝返りの際だと思うのですがその時にぶつかってずれ、朝起きると充電されていないという時がありました。使用する際はそのへんも気を付けないといけないです。

まとめ

欠点も確かにあることはあったのですが、それでも非常に便利でいいものだと思いました。

Lightningケーブルが壊れる心配もないですし。

 

また、現在Qiが標準搭載されている機種は各社の最新モデルのみ。

今回製品を探していると、Galaxy用やXperia用もありました。

皆さんが今使用している機種もQi対応にすることが出来るかもしれません。

ワイヤード充電がうっとうしく感じていたり、ワイヤレス充電を試したいと思っている方は是非試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です