記 事 作 成 依 頼 承 り ま す

妻が産後うつになった夫へ 一人で抱えず、誰かを頼ってください

産後うつシリーズを読むにあたって

妻の産後うつを側で見てきた夫主観の記事になります。

産後うつを直接治したり、改善するための記事ではありません。

誰にも理解されず一人で看病している夫、産後うつで苦しんでいるママさんの孤独感や辛さに少しでも寄り添えればと思い書いています。

 

その辺ご理解の上、記事を読んでいたけると幸いです。

こんにちは。ソラウタです。

次男を出産後産後うつになったヨメチャン。朝起きるのが非常にきついようで、歯を食いしばったように起きてきます。

調子がいいときは一緒にご飯を作ったりできるのですが、きついときは起きているのがやっと。

どうしてもダメな時は布団に入って横になるのですが、目を閉じると自分に育児ができるのかな、家事もちゃんとできるかな、と不安になってしまい、寝るに寝れずにただ疲労が蓄積する一方・・・

育休からGWにかけての3週間の休み。ほぼ毎日そのような姿を見ていました。

途中で苦しくて某大学病院の産科と心理士さんよりカウンセリングをしてもらったりもしました。

側で見ている私も辛いですが、何よりもヨメチャン自身が一番苦しくて辛いです。

そんなときに夫は何ができるのか、何をすべきかが今回の記事です。

ヨメチャン

朝が来るとまた辛い一日が始まった・・・って思ってしまって・・・
そうか・・・それは辛いなぁ・・・

ソラウタ

産後うつを理解しよう

私は妻の一番の理解者は夫であるべきだと思っています。その逆も同じで、これから長い人生一緒に生きていく中で、妻が一番の理解者でなければまず共生は無理でしょう。理解してくれない人と何十年も生きていきたいと思いますか?私は御免です。

そのためには根本的な産後うつってなに?をしっかり理解する必要があると思います。

でないと側にいて妻に言ってやれることが精神論からの頑張れ、やればできる的なうつの人には酷な言葉をひたすら浴びせ続けることになります。

うつって単純に気持ちの問題じゃない。結構きつくて、頭でわかってても気持ちと体が連動してこない。普通だったらできるからこそ尚更へこんで自分はダメな奴だと思ってしまうよな・・・

ソラウタ

ヨメチャン

ソラウタ自身冬季うつで悩んでるもんね・・・

うつ状態の大丈夫は大丈夫ではない

周りに理解されないと本人が思ってしまっていると、具合は?と聞いても大丈夫しか言いません。

いいですか?勘違いしないでください。大丈夫なわけないですから。

我慢して、周りに気を使って大丈夫と言っているんじゃないんです。

どうせ理解されない、言っても無駄だからせめて自分に言い聞かせてなんとか耐えなきゃと思った結果出てきた言葉が大丈夫なのです。

うつが酷いときの表情はパッとみてわかるから表情もしっかり見てあげてください

ソラウタ

夫が気持ちに余裕を持つことが大事

これはうつだろうとなんだろうと共通していることだと思いますが、誰かを支え、サポートし、守るには自分の気持ちに相手を気遣ってあげられる余裕がなければできません。

看病に仕事。家事に育児。余裕を持つことは容易なことではありません。

それは側で支える夫も辛いからです。

無理せず、定期的に気分転換やリフレッシュをするようにしてくださいね?

余裕がないと相手も頼れませんから

ソラウタ

辛い、苦しいという本音を聴く

実はヨメチャンの両親が産後うつだけでなく、不安障害や解離性障害など精神系の病気について全くの理解がありません。

そのせいで誰も理解してくれないと思っており、私に対しても同じように思っていたようでした。

そのことに気づいてから、辛いとき、苦しいときは言葉に出して素直にそう思っていいんだよと伝え寄り添うようにしました。

マイナスの本音ほど心を完全に許している相手にしか話せないと思います。

ちゃんと話を聴くよ、理解しているよと伝えるだけでもきっと少しは楽になるはずです。

全力で寄り添ってください。

辛そうな時ほど側に

産後うつは気分の浮き沈みが激しく、急に辛くなったりして泣き出しそうになる時があります。

家事をしているとき、育児をしているときに奥さんがそうなったときは一度中断してでも側に行って支えてあげてください。

少しでも早く側に行くことで気持ちが大きく沈まずに済むかもしれません

真面目な人ほど自分を責めてしまう

自分が産後うつになってしまったことに対し罪悪感を抱いてしまう人が多いようです。

うちのヨメチャンもそうです。

なにも悪くないんです。みんななるんです。男でも別のうつになるんです

そのことをちゃんと伝え、罪悪感を少しでも薄れさせてください

決してなくそうとはしないでください。真面目な人ほど今度はなくせないことに対してごめんなさいと思ってしまうからです。

産後うつを楽観視してはいけない

うつというのは外観ではわからず、下手するといつもと変わらなく見える人も居るかもしれません。

そのため、周りの人が見てもわからず逆になんでできないんだ、ちゃんとやれよと追い込むような人もいます。

そういうことは絶対にしないでください。

(※今の職場で過去に、毎日毎日怒鳴られ馬鹿にされ怒られた結果うつになり、退職。そして自殺してしまったという人もいたそうです。)

また、過去にアナウンサーが産後自殺したというニュースが流れたのを覚えているでしょうか。

参考 自殺した山本真純アナ「産後うつ」だったJCASTニュース 様

この一件が世間に産後うつの深刻さと怖さ、誰でもなるということを広めたのではないでしょうか。

最悪のこともちゃんと考え、夫や周囲の人は楽観視してはいけません。

ヨメチャン

まさか自分がなるなんて思ってもなかったなー

気分がいい時を見逃すな

うつはさっきまで調子良くても、5分後には沈んで泣いたりしてしまいます。

だからこそ気分がいいときに、散歩に連れ出したり美味しいものを食べたりして気分転換になるようなことをしてあげてください。

気晴らしをすれば調子いい時間が長くなるかもしれません

ソラウタ

夫自身のケアも必要

家のことや子供のこと、妻の看病をし続けていく中で自分自身の精神も少なからず疲弊していきます

そのような状況で続けていくと、最悪夫自身が心中を考えるような事態もあり得ます。

それを防ぐために、自宅に居ながらできるストレス発散や息抜きを考えて自分自身のメンタルケアをするようにしてください。

私はこのソラウタブログの更新が息抜きになっていました

ソラウタ

一人では抱え込まない

妻がそういう状況になったのは誰のせいでもありません。

なので一人で抱え込まないでください。

妻の両親や自分の両親、祖父母などみんなに話してみんなで助け合って、やっていきましょう。

人間一人でできることなんてたかが知れてます。

最後に

うつというのは誰でもなります。

自分は強いからならないと思っているのであれば、その考えはすぐに捨ててください。

万が一パートナーがなったとき、そんな考えでちゃんと寄り添えるわけがないです。

一歩間違えば失うことにつながるうつ。

そのことをちゃんと重く考え、なによりもパートナーを優先してあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です