記 事 作 成 依 頼 承 り ま す

体の不調は睡眠不足が原因??睡眠不足が原因で起こる体の不調や症状

こんにちは。ソラウタです。

ここ最近連日の夜間作業や息子の夜間ミルクなどで完全な寝不足状態に陥っています。

眠すぎて午前中仕事が全然手につかないほど・・・

そんな状況が続き、常に体が調子悪い今日この頃です。

さて、そんな状況でもブログのネタなにかないかなーと思っていたところ、今の状況を記事にすればいいのでは??

と閃きましたので、今回記事にします。

なぜ寝不足が体に悪影響を及ぼすのか、寝ないと体にどんな症状が表れるか実体験ベースにまとめていきたいと思います。

マジで眠い・・・。気を抜くと簡単に意識持ってかれちゃう

ソラウタ

ヨメチャン

赤ちゃんが夜全然寝てくれないと、次の日本当にきついよ・・・。なんだか頭も痛いし・・・

睡眠不足からくる体の不調

睡眠不足になるとまず初めに頭痛や吐き気が続く、なんて人は多いのではないでしょうか。

私自身も寝不足だと常に軽い吐き気がついて回ります。

その次に頭が痛くなったり、ボーっとしたり、忘れっぽくなったり・・・

ピークに達すると地面だったり自分自身が揺れているように感じたり、見えたりすることも・・・

(これがめまいなのか!?)

睡眠不足になると表れやすい症状を4つピックアップ。

症状と発生のメカニズムなどについてまとめていきたいと思います。

自分の体をケアしたり、治すにも敵をちゃんと知らねば!!

ソラウタ

頭痛

二日酔いや風邪、寝不足になると起こりやすい頭痛。

なにかしらの頭痛持ちの人や、そのときに頭痛を発症している人ほど、睡眠不足がきっかけて頭痛を発症しやすいです。

主な要因として、

  • その日がストレス過多だったとき
  • なかなか寝付けず、そのことが脳や体にストレスになったとき
  • 睡眠中に寝相の悪さや冷え症による血行不良
  • 飲み過ぎ、二日酔い

などがあります。

特に上二つは多くの人が心当たりがあるのではないでしょうか。

MEMO

また、片頭痛は寝不足でストレスを感じると脳内で神経伝達物質(セロトニン)が分泌されます。

そのことで頭の血管が広がり、血管の周辺にある神経を圧迫し頭痛に繋がりますので、出来るだけリラックスした状態で寝たいところです。



吐き気

個人的な感覚として、全く寝なかった時よりも中途半端な時間寝て起きたときになりやすい気がします。

風邪や病気などの吐き気とは違い、胃がぐるぐる回っていてなにも食べたくないと感じるようなのが特徴です。

胃もたれに似ている・・・感じがしなくもないですね。

原因として、

  • 睡眠時間が足りない、短い
  • 睡眠の質の低下
  • 睡眠時間が確保できていても、脳や体の疲れが取れきっていない場合

寝不足が直接的に悪さをしていると言うよりも、寝ても身心の疲れが回復できず、結果吐き気に繋がるという感じです。

対策、解決策として

対策、解決策案
  • 部屋を真っ暗にして寝る
  • 生活スタイルを見直し、一日の中で寝れるタイミングを探す、作る
  • アロマやマッサージなど心身ともにリラックスしてから就寝する
  • 就寝前のスマホやパソコンを控える

これらを実践するだけでも効果はあります。

ヨメチャン

ねぇ。就寝前のパソコンって、ソラウタ全くできてないよね?
しゃーない。記事書くにはそこしかない

ソラウタ

ヨメチャン

ちなみに光を浴びると、脳と体が起きてしまい眠りが浅くなりやすいです。なのでできる限り暗くして寝ましょう!

めまい

睡眠不足のめまいは、視界が歪む、目の前が真っ暗になるといった感じではなく、ふらついたりくらくら

睡眠不足になると血行不良になり、血圧が下がりやすくなるため、貧血みたいな状態になってめまいに繋がることがあります。

また、睡眠不足になると交感神経や副交感神経のバランスが崩れるため、自立神経に乱れが生じやすくなります。



睡眠不足はメンタルや脳の不調にもつながる

睡眠不足ははっきりわかる不調のほかになかなか気づくことができない不調の原因につながり、特にメンタルや脳は自分では気づき辛く、気づいた時には重症化しているケースがほとんどです。

睡眠不足が原因のメンタルや脳の主な不調をまとめましたので、今の自分の状態が当てはまらないか確認してみてください。

ヨメチャン

本当に睡眠不足は要注意だよ。ソラウタも1ヶ月以上睡眠時間が3時間ちょっとしか取れなかったときはおかしくなりかけてたような気がする

落ち込みやすくなる

睡眠不足だとどうしても情緒不安定になりやすいです。

そのため、負の感情に物凄く敏感になってしまい、いつもなら気にしないちょっとしたことでも気持ちが思いっきり沈んでしまうことも。

その反面いいことがあったり楽しいことがあったとしても気持ちは上がりにくいという厄介な状態です。

仕事が忙しかったり、夜中のミルクや授乳があるママさんやパパさんは特に気を付けてください。

また、気分が落ち込んだりイライラしたりし易いのは自分のせいではなく、今の生活スタイルが原因の場合が殆どですので、あまり自分を責めないようにしてくださいね

イライラしやすくなる

寝不足だと特に顕著に表れやすいと思います。

私自身夜間作業明けなどでほとんど寝ていないときはちょっとしたことですぐに沸点を超えてしまいそうになります。

イライラは自分でうまくコントロールしなければいけない感情ですが、寝不足だと難しく人に当たってしまうこともあるでしょう。

そんな時は無理せず軽く仮眠を取って少しリフレッシュしてみるといいと思います。

10分~20分だけでも寝ると大分違いますのでどうしてもイライラが収まらないときは試してみてください。

仕事中はなかなか難しいですが、昼休みなどの休憩を利用するといいでしょう

ソラウタ



記憶力の低下

睡眠不足ということは脳が休まっていないということ。

人間の脳は限界があり、寝ることで疲れと一日の記憶を整理、その結果翌日も新しく物事を記憶したり、過去の記憶を引き出しやすくなり一日を過ごせるのです。

しかし、寝ていないと整理が行われず脳のキャパが既に限界を超えた状態で一日を迎えるため記憶力の低下、物忘れがし易い状態になってしまします。

最近物忘れが激しいなと感じた場合は睡眠不足が原因の場合も考えられますので、一度一日の生活スタイルと睡眠時間を見直しましょう。

思考能力の低下

こちらも記憶力の低下と同じで脳が休まっていないので思考する力が弱まってしまっています。

軽い症状から言えば健康状態ですぐにできた計算がもたついたり、持っていかなくちゃなとさっきまで思っていたのに忘れてしまったり・・・

いつもなら1時間くらいで終わる作業が倍以上かかったり・・・

日本の企業は無駄な仕事や書類、働かない上の人達が多いせいで長時間労働を強いられています。

その結果、休む時間や寝る時間が削られ作業効率や生産性にまで悪影響を与え、人々の体はどんどん限界に近づいていっているように思います。

赤マーカー部は完全な個人的な考えです

ソラウタ

 

注意力の欠如

注意力の欠如は結局のところ思考能力の低下からくるもので、何が危ないか、こうしたらどうなるかをよく考えることができないために危険な目にあったり、ケガをしたりします。

寝不足の状態での運転が危険な理由は、この注意力の欠如が一番の理由でしょう。

寝ていないときはできるだけ運転は避け、公共機関などを利用し安全に外出をしましょう。

ヨメチャン

事故が起こってからでは遅いです。皆さんよく考えてね

うつ病

寝ていない状態が長い間続くと確実になります。

冷静な判断ができなくなり、自分がうつ状態化もわからなくなり・・・

待っているのは自殺か頭がおかしくなるかです。

妻が産後うつになり2週間が経過 夫側から見た産後うつ記録

それほど睡眠は人間にとって必要不可欠であり、健全で幸せな人生を送るにはなくてはならないものです。

もしあなたの周りの人でブラック企業に勤めていたり、勤務時間が異常な知り合いがいたら気にして注意深く見ていてください。

異変に気付けるのはあなただけです。

うつ状態は自分では理解できず、また気づくことがかなり難しいです。苦しんでいる人を救えるのはあなただけです

ソラウタ

睡眠不足が極限まで続くとどうなるか

次は私自身が身をもって経験した睡眠不足で起きた異変をちょっとお話ししようと思います。

ある時期に夜間作業が2週続き睡眠不足が続いていて、妻の状態の関係もあり睡眠時間が激減。

産後うつでメンタルにかなり波があったため、夜間作業の間妻は実家に戻っておりました。

妻が産後うつになり2週間が経過 夫側から見た産後うつ記録

特に2週目が少なく、一週間ずっと2時間ちょっとしか睡眠時間を確保できておらず一歩間違えば事故やケガにつながってもおかしくない状況のなか、夜間作業が終わり朝方には妻の実家(片道車で1時間)にいき妻のケアや子供たちと遊んだりしていました。

今思うとかなりむちゃくちゃなことをしていたんだな・・・

ソラウタ

1日目

初日は眠いことは眠いのですが、運転や思考能力が自分ではあまり違和感を感じていなく普通の状態かなーなんて感じていました。

まだ子供たちのパワフルな行動についていくことにできていましたので、自分で思ってるより意外とタフだなぁー

なんて気楽に考えていました。

ただ子どもが言うことを聞かなかったり、ちょっと嫌だなと感じたときイライラしたり気持ちが落ち込んだりとちょっとメンタルが不安定な状態に。

また、軽い吐き気や肩こりがあり起きているのもちょっとしんどかったです。

3日目

流石にきつくなってきましたが、まだ運転はできていました。

ただ、注意力が続かなくなりぼーっとしてしまい何度かヒヤッとする場面が・・・

この時からミルクを上げてるときやただ座っているときなどに自然と瞼がさがってきました。

恐らく無条件に体が寝ようとしていたのでしょう。

メンタル部分ではイライラする気力もなく、ただただずっと気持ちは底辺に・・・

5日目

もう限界だったのでしょう。

妻の実家に向かう時の車の運転と、帰りの車の運転の記憶があまりないのです。

信号待ちのときですら寝てしまっていました。

メンタルだけでなく、めまいも出てきて常に波打っている感覚が付きまとい、吐き気や頭痛、肩こりも最高潮に。

もう限界だ・・・なんでこんなにつらい思いをしながら生きていかなきゃいけないんだ・・・

死にたいなんて感じるようになっていたので、相当追い詰められていたようですね。はい

ソラウタ

7日目

夜間作業も終わりもう限界だと感じて寝ました。

思いっきり。

ただ連日の夜間作業のため夜寝れないという後遺症に悩まされました。

これは夜間作業が続くたびにそうなってしまい、毎回どうしたらいいか頭を悩ませています。

人間は夜寝るようにできているので皆さんもちゃんと暗いうちに寝ましょうね。

日の光を浴びると確実に寝れなくなります。



まとめ

自分の経験をベースに睡眠の大事さをまとめてみました。

現在の仕事の関係で夜間作業とは切っても切れない関係があるので、今後も気を付けなければなりません。

また、夜寝れないのは今の生活環境やメンタル状況も大きく影響してきます。

少しでも寝やすくするために、快眠グッズを用いるのも一つの手。

おすすめ快眠枕ショップ3選!いい睡眠は枕から!

できるだけ質のいい睡眠を手に入れ明るい一日を過ごしましょう!

ヨメチャン

寝るって本当に大事。暗くなったら寝て、明るくなったら起きるが基本だね!最後まで読んでくれてありがとー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です