記 事 作 成 依 頼 承 り ま す

おすすめバウンサー5選!ベビーバウンサーの選ぶポイントと機能のまとめ

毎日家事や、仕事で疲弊し、子どもが泣いているときあやすのがしんどいと感じることありませんか?

私は結構あり、特にお昼寝のときがきつく感じるときがあります。

育児をしている人であれば、誰か代わりにあやしてくれないかな、とんとんして寝かせてくれないかな、と感じたりなど、誰しも子供が小悪魔に感じてしまう時があると思います。

そんな時におすすめなのがバウンサー。

夕方のご飯時忙しい時のぐずり、体調が優れないときにちょっと休みたいとき、などなどのちょっと誰かの手を借りたいときに抜群の効果を発揮してくれます。

バウンサーには、比較的安価な人が手などで揺らしてあげる手動タイプ、少々高い電動でスイングしてくれる電動タイプの2種類タイプがあります。

今回の記事では、多種多様なバウンサーの中からおすすめできるものを5つ選抜しました。

バウンサーの導入を検討しているママさん、パパさんの参考になればと思います。

注意

バウンサーは子どもや赤ちゃん全てに合うわけではありません。

中にはバウンサーを嫌う子も当然います。

なのでいきなり高いバウンサーを買うよりも、安いもので試してみるか誰かに借りて一度使ってみることをおすすめします。

トドラーロッカー

商品のおすすめポイント
  • おもちゃが目の前にある
  • リラックス振動機能付き
  • 成長し座れるようになったとき、イスとして使用可能
  • 比較的安く、作りも悪くない

しっかりした作りで安心して赤ちゃんを寝かせることが出来ます。

目の前におもちゃがぶら下がっているので、起きていても機嫌よく遊んでニコニコ間違いなし。

うちのベビーはお腹が空いたら関係なく泣きますが^^;

こちらの商品は、電動式ではないですがリラックス振動機能というものがついており、スイッチを入れると車に乗っているときに伝わるような振動をおしりに与えます。

それによりあの何とも言えない眠りを誘ってくれ、眠りに落としてくれます。

イージーリクライニングバウンサー

商品のおすすめポイント
  • おもちゃが目の前にある
  • リクライニングが片手で簡単にできる
  • メッシュカバー、日差しカバーがあるので、夏の使用にもってこい
  • ほぼ体全体を覆うカバーにより虫よけが可能

日差しが強い時にもってこいのバウンサー。

毎日短時間の日光浴を差せているママさんに非常におすすめです。

いざ日光浴をさせようとしても、ちょうどいい日差しの場所を見つけるのが意外と難しいんですよ。

そこを日差しカバーやメッシュカバーで調節してあげれば強い日差しを当てずに気持ちよくできること間違いなし。

イスとしても使えるので成長に合わせて使い方も変えられますし、ベルトが5点式なので寝返りが出来るようになった子でも落下の心配もありません。

ベビーシッター バランス メッシュ

商品のおすすめポイント
  • 3段階でのリクライニングが可能
  • 寝るシートがメッシュなため、速乾性がある
  • シートが両面使用可能になっている
  • コンパクトにできるため、運搬が楽
  • 耐久性バッチリ

お遊び、リラックス、おねんねの3種のリクライニングが可能になっており、場面に応じての使い分けがスムーズにできます。

リクライニングのポイントはフリーで位置調整が可能な物よりも、決まった位置で止まるので簡単に調整ができるところでしょう。

また耐久性にも非常に優れており、上の子が使い終わったら次の子、それか知人に譲って使用などにも十分耐えてくれます。

ただ一つ難点が、上体を起こしているときにうんちをされると背中にまで広がってしまいます。

シートは洗濯可能ですぐに乾くので問題はありませんが、子どものうんちには注意をしたほうがいいでしょう。

気張ってたらすぐにおねんねモードにしたら回避できそうだな

ソラウタ

商品のおすすめポイント
  • 電動スイングタイプなので自分で寝てくれる
  • 赤ちゃんに合わせてスイングを調整可能
  • キャリーハンドル付なので車や寝室への運搬が楽かつ起こさずいける
  • キャリーハンドルにおもちゃをぶらさげることができる(おもちゃは付いてこない)
  • 電池式なので鬱陶しいコードがない
  • サウンドを流せる

こちらは電動式のバウンサーで様々な電装があります。

一番注目したいのは、サウンドを流すことができる点。

流せるサウンドは内蔵されているネイチャーサウンド、ミュージック、外部入力を使い好きな音楽、この3種類になります。

バウンサーそのものがどっしりしていて安定感があり、また赤ちゃんを包むような感じで寝かせてあげられるので安心して使うことが出来ます。

ただ一つ気になるのが、スイングの関係で必要な電池の総数が単一5本と多いところでしょう。

ハイローベッド&チェア ユラリズム

商品のおすすめポイント
  • 電動スイングタイプなので自分で寝てくれる
  • 成長に合わせて使うことができ、テーブルがある(48ヶ月まで使用可)
  • テーブル付なのでおやつや食事にもってこい
  • 5段階でリクライニングを調整できるので、体のサイズに合わせやすい
  • キャスター付なので部屋移動が楽ちん
  • 上下に高さ調整可能

こちらも電動タイプのバウンサーになります。

上部(頭側)が広くなっているので顔を自由に好きなほうに向けることが出来ます。

体を固定するベルトも成長に合わせて調節でき、苦しかったり、逆にゆったりし過ぎたり、というのを防ぎ安全に使用可能。

また赤ちゃんは体温が高いのでずっと寝せておくと背中が蒸れやすいです。

このバウンサーは蒸れ対策もしっかりしており、背面に熱解放の穴が開いています。

子どもについて回る汚れ問題も、クッションを洗濯可能にすることでしっかり解決してます。

まとめ

冒頭でも書きましたが、バウンサーは全ての子どもに合うわけではありません。

いきなり高い電動タイプのバウンサーを買うよりも、安価な手動タイプのバウンサーで試してみるのも一つの手でしょう。

今の子育て世代は、とにかく家事や仕事で毎日朝から晩まで忙しいです。

ましてや二人目となると生活が一変し、忙しさも一気に跳ね上がります。

バウンサーに頼るなんて親失格なんて思わず、道具の力で楽になって笑顔になるのでしたら使ってしまいましょう。

忙しくてイライラするほうがよっぽど可哀相ですから・・・

ちなみにソラウタ家でも使ってますよー。

夫婦揃って忙しいのが当たり前になってきてるので、道具でなんとかなる部分は道具で解決してもいいと思います!

ソラウタ

 

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です