記 事 作 成 依 頼 承 り ま す

【初心者ブロガー】押さえるべき記事の書き方とポイント

先日ちょっと流行に乗ってこんなツイートをしてみました。

その結果沢山のブロガーさんからフォローしていただき、同じ駆け出しのブロガーさんと繋がることができました。

っで、やはりブロガーとしては他の人たちがどんな記事を書いているのか気になり色々と見て歩いてみたわけです。

そしたら記事構成の基本を押さえられてないブロガーさんがちらほらと・・・

勿論私も出来ているかと言われれば、出来ていない。ですが、ある程度形だけは真似できていると思っております。

どうやって書いたらいいかわからなかったんだーって人の助けや、記事の書き方で躓いている人のきっかけになればいいと思います。

一見ブログはごちゃっと書かれているイメージを持ってしまいがち。でもよく見ると基本の型があるんです

ソラウタ

この記事の目的

ブログのやり方は本当に様々。日記や情報の発信、収益化をめざしているもの・・・

日記などは繋がりのある人たちだけに見て貰いたいブロガーさんも居ると思いますので、あまり書き方というのは気にする必要はないと思います。

ですが、情報の発信やブログを通して収益を上げたいと考えているブロガーさんは見てもらってなんぼの世界です。

書き方の基本をしっかり押さえて、ちゃんとSEOに良い記事をアップしていくようにしましょう。

決して批判するための記事ではないです!折角始めたブログを辞めずに続けてほしいと思い書いています。

ソラウタ

ブログの記事は結論から書く

文章を書くとき、今までの経験から起承転結を意識して書いてしまいがちです。

国語の授業とかでも教わったりした人も多いはず。

ヨメチャン

でもそれってブログの記事も同じなんじゃないの?

実は同じではないんです。

他の凄いブロガーさんたちも言っているのですが、欲しい情報を探しているときにちゃんと頭から最後までしっかり読む、読まれることってまずないんですよ。

例えば自分に当てはめて考えてみてください。

仮に何か最近体調がおかしいなーと思って原因を調べるとします。

そして出てきた検索結果から関係ありそうな記事を選び、サイトが読み込まれ表示され、次にすることはスクロールしながらの流し読みです。

その時に記事の初めのほうに求めている情報がないと、一応あるかもと思ってスクロールはされるかもしれませんが、記事をちゃんと読まれることはありません。

記事内に訪問者の悩みを解決するようなことが書いてあったとしても、流し読みの中で発見されることは少ないでしょう。

今は本当に時間がないから無駄な時間を過ごしたくないですから尚更ですよね?

ヨメチャン

おぉーなるほど!確かに私も調べてちょろっと見てなかったら別のページかサイトに行っちゃう。だったらどうすればいいの?

だからこそ記事の初めに結論を持っていくことで、残りの記事にも興味を持ってもらうようにするんです。

そうすると直帰率の改善と、結果サイトの評価があがることに繋がるのです。

ソラウタブログでもそこがちゃんと出来ていない記事があるんだよな・・・アクセスも少ないし

ソラウタ



記事を書くときは必ず見出し(hタグ)を設定する事

この見出しタグは結構重要です。

このhタグの何が重要なのかというと

  • SEOに対して非常に重要な要素
  • 記事の構成を作る
  • 読者が今なにについて読んでいるかわかる
  • 様々なプラグインなどで自動化させるのに必須(TOC+やアドセンス広告の設置など)

などがあります。

この見出しは記事を構成してく上で非常に大事です。この記事は何を言いたいのか、どういう流れで展開していくのか、重要な内容はどれなのか、などなどを明確にしてくれます。

また、折角見出しを設定するのであれば、ただ文字を大きくし強調するだけではなくhタグを設定してあげましょう。

このhタグは検索エンジンロボが見に来たときに正確に記事の構成を伝えることができ、サイト評価を上げる大事な要素の一つです。

俺そんなんやってーよ!ってブロガーさんがいたらリライトついでに設定してみてはどうでしょうか。

ちなみに見出し構成は下のようなイメージになります。

< h1 > 記事タイトル < /h1 >

導入文

< h2 > 大見出し < /h2 >

本文

< h3 > 小見出し < /h3 >

本文

< h3 > 小見出し < /h3 >

本文

< h2 > 大見出し< /h2 >

本文

< h2 > 大見出し< /h2 >

本文

< h3 > 小見出し< /h3 >

本文

< h3 > 小見出し< /h3 >

本文

< h2 > まとめ < /h2 >

h4以降のタグはさらに深層にする必要がある場合に使います。

ワードプレスのテキストで見るとこんな感じ。

 

ヨメチャン

ブロガー歴の長い人たちの記事を見てみると確かにそうなってるね
見出しのhタグって?

h1~6まであるタグを設定してあげることで見出しになり、1から順に2,3・・・と使っていきます。

原則h1タグはページ内で1つまで使うことが出来ますが、大体はサイトタイトルや記事タイトルに設定されています。

なので記事の見出しにはh2タグから使っていきますが、分けすぎると分かりにくい記事になるので、少なく、わかりやすく、無駄なくを意識していくといいと思います。

収益化を狙うのであれば日記系記事は控えよう

日記記事を完全否定しているわけではありません。

ただ、一般人の日記にどれだけの人が興味があるのかってところを考えると・・・・ほぼないですよね?

例えば浮気され離婚、修羅場やその後、みたいな日記であれば興味ある人はまあまあいると思います。

でも、今日は天気が良くてあそこの公園で子どもと遊んで楽しかった!みたいな記事に青空の写真を数枚貼り付ける。

ほとんどの人は興味ないですよね?ということは誰も見に来ない、収益化も無理、待っているのは自然なフェードアウト・・・

実は前にブログだ!アドセンで稼ぐんだ!って息巻いて日記ブログを始めたことがあったのですが、誰も来ないしつまんなくてフェードアウトしてしまった経験があります

ソラウタ

でもそんな日記ブログでもアクセスを狙えるのが、旅行系や飲食店系。

どこに旅行行ってきました!、今日はどこのお店でディナーしていい感じのお店でした!などの記事は、これからその場所に行きたい人にとって書いてある内容は非常に価値があります。

実際ここの居酒屋に行ってみたいけどどんなもんなのか、と思って調べても公式だったり食べログ(+大したコメントも画像もなし)くらいしかありません。

日記記事でも写真付き、詳しいレビューの内容が盛り込んであればばっちりな訳です。

だから控えようという表現をしているのです。もしそういう価値ある情報が記事にない場合、アクセスを集めようとしているサイトでは掲載しないほうがいいと思います。

ヨメチャン

価値ある情報がポイントなんだね。確かに日記系ブログで検索結果1ページ目にいるの見たことないなぁ



SEOを意識するのであれば、文字数は必要

もう一つ記事を書いていく上で重要なのが文字数。

必ずしも多ければいいと言う訳ではありませんが、多いほうが記事に質がいいと評価されやすいようです。

ただ一つ絶対に勘違いしていけないのが、文字数を増やすためにくどい言い回しになったり、漢字をひらがなにしたりすると非常に読みにくくなります。

そのため読者が離れていきやすくなり、結果サイト評価を下げることにつながってしまいます。

なので、ペルソナを意識しちゃんと悩みを解決してくれる記事を書き、濃い内容かつ適切な文章の表現をするよう意識していきましょう。

書いていくと、どうやったら上手く書けるんだろうと思う時が必ずきます。そんなときはライティング本やSEO本を読んでみるといいでしょう。

答えや考え方が間違いなく載っています。それもネットで出てくるような話だけでなくもっと詳しいやつです。

初心者ブロガー必見!必読なライティング、SEO本5選でおすすめをまとめていますのでご参照ください。一冊は見ておいて損はないと思いますよ。

初心者ブロガー必見!必読なライティング、SEO本6選

まとめ

まだ3か月ばかりしか経過してないブロガーが偉そうに語ってしまいすみません。

でも、私はそうだったのですが始めたばかりだと何をどうやってやっていいのかイマイチわからないんですよね。

もっと序の口を知りたいんだ!と思っても、プロブロガーさんたちの説明を見ると詳しすぎて・・・

きっと自分以外にも同じように悩んでる人はいる。だったら別に基本的な技術で序の口しか書いていない記事があってもいいんでは?と思い今回執筆しました。

この記事の内容なんて、数記事書けば理解しきってしまいますし、もっと詳しい情報を求めるようになると思います。

そうなれば儲けもんです。後は書きまくればいいだけですから。

だらだらと書いてしまい、読みづらくなってしまったかもしれません。

それでは、楽しいブログライフを送ってくださいね!

ヨメチャン

最後まで読んでくれてありがとーー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です