記 事 作 成 依 頼 承 り ま す

産後うつとマタニティブルーの違いはなに?症状や原因、特徴のまとめ

こんにちは。ソラウタです。

今回の記事は、出産を控えている夫婦さんに向けたものです。

 

産後うつやマタニティブルーは、誰にでもなる可能性があります。

妊娠・出産で体も生活も大きく変わり、子供中心の生活になっていくと、家事と育児、やらなければいけない事が自分のペースで出来なくなるので、どうしても小さなストレスがたまっていってしまうんですよね。

 

育児の本やネットの情報では、「育児を楽しんで」と書かれてあるけど、一体どうやって楽しむの?

 

「自分の時間を持ちましょう。」

「子供と一緒に寝て休みましょう。」

「リフレッシュしましょう。」

 

なんて、理想論でしかないと思えなくなってしまう自分に、他のママさんも頑張っているんだから、子育てはこんなもの、と追い込んでしまっていませんか?

 

産後はどうしても赤ちゃん中心の生活になるので、睡眠不足がつきもの。

「慣れ」だけでは、疲れもとれず、心に余裕がなくなっていくのは当然です。

誰にでもなる可能性がある産後うつやマタニティブルー。

要するに、暗くなっていくってことだよね、というイメージがあり、その違いはわかりにくいですよね。

 

産後うつの場合、生きていく事自体が辛くなってしまうので、気づかずにいるととても危険です。

私はうつ病にはならないだろう、と過信しないで、その違いを知識として知っておきましょう。

 

産まれたからと言って油断しては絶対ダメ。特に旦那さんは奥さんの状態を常に気にしてください

ソラウタ

産後うつの主な特徴

産後1か月くらいから発症すると言われています。

症状が2週間以上続いている場合は、産後うつの可能性があります。

代表的な症状
  • 気分の落ち込み
  • 眠れない
  • 食事が作れない
  • 不安感
  • どうしようもなく悲しくなる、イライラする
  • 気づいたら泣いている
  • やらなければいけないのに動けない
  • 子供がかわいく思えない

楽しみにしていた赤ちゃんとの生活なのに、急に涙が出てきたり、産前は作れていた食事が思うように作れなくなったり、怒りや悲しみをコントロールできなくなってしまうのが産後うつ。

 

うつ病は脳内の神経伝達のバランスが崩れる事が原因で、正常な判断が出来なくなります。

病院に行きづらいからとそのままにしておくと、症状もひどくなってしまいます。

 

人により、症状の差はありますが、症状が進行すると、自分が自分ではなくなってしまうような感覚、地面を歩いているのか空中にいるのかさえ、判断がつかなくなる事もあるので、とても危険な場面も出てきてしまいます。

 

症状が2週間以上続いている場合は、心療内科に相談してみて下さい。



マタニティブルーの主な特徴

症状としては、産後うつの症状とほぼ同じです。

代表的な症状
  • 気分の落ち込み
  • 不安感
  • どうしようもなく悲しくなる、イライラする
  • 気づいたら泣いている

マタニティブルーの場合は、症状が2週間以内に自然になくなっていきます。

一過性の症状で、気づいたらなくなっていた、という状態です。

PMSで気分が落ち込んだりイライラしたりするけれど、生理が終わればなくなってしまうのと同じような感じです。

 

人により違いはありますが、つわりの時期の妊娠初期、出産を控えた妊娠後期、ホルモンが急激に減る産後から1か月位までの間に発症する事が多いようです。

妊娠・出産は、ホルモンバランスの変化が大きいので、心身がその変化に対応できなくなってしまうんですね。

 

また、女性にとって大仕事でもある出産は、徐々に大きくなっていくお腹と、無事に赤ちゃんを出産出来るかの不安は、妊娠がわかってから出産するまでずっと続きますので、マタニティブルーになってしまうのも当然だと思います。

 

また、今の時代は、ネットですぐに情報が調べられる時代。

赤ちゃんに会える事を楽しみに待ち望む時間と同じくらい、目にしてしまうのが不安のきっかけになってしまう情報。

 

妊娠・出産で起こりうる事(産後うつやマタニティブルーなど)は、誰にでも起こりうる事なので、情報を知っておく事は大切な事なのですが、ついつい情報を調べすぎ、心配になりすぎてしまって、ストレスを抱えてしまう原因にもなってしまいます。

 

心配になりすぎて、眠れなくなって、とエスカレートしてしまうと、マタニティブルーが過ぎ去っていかずに産後うつになってしまう事もありますので、心配な事や不安な事は医師や旦那さん、周りの人達に、まずは相談してみましょう。

 

心配や不安をあまりさせないよう、なんとか旦那さんがフォローしたいところ・・・難しいんですけどね・・・

ソラウタ

コウノドリで出てくるようなものが産後うつ

命の誕生である出産をテーマにした大人気ドラマ「コウノドリ。」

出産を経験したママさんからも共感の声がたくさん上がったドラマの1つです。

 

扱われているどのテーマも、経験者にとってはわかり過ぎて心が痛くなるものもあり、自分の出産を思い出して涙なしでは見られないものもありました。

そんな「コウノドリ」でも、産後うつをテーマにしたお話しがありましたね。

 

働くママにとって、切っても切り離せない、産後の仕事復帰。保育園の待機児童問題。

 

出来るだけ早く復帰しないと、自分のポジションがなくなってしまうのではないかと焦る気持ちは、赤ちゃんにはわかりません。

「コウノドリ」でも、そんなママさんが産後うつに気づかずに過ごしている様子が描かれていました。

 

どこか無表情で、「大丈夫」と繰り返される言葉。

 

周りに頼らなくても私は出来る、という強い思いとは裏腹に、泣いている赤ちゃんのお世話よりも仕事復帰への不安がぬぐえない感じが心に刺さったお話しでした。

 

片づけが行き届かない部屋で、髪もボサボサで、泣く赤ちゃんに向かって「私の邪魔をしないで」とつぶやくシーンは、客観的に見れば、精神的にあぶない状況になっている事がわかります。

が、当事者は産後うつだとは気づかないものなんです。

 

そもそも、うつ病になると、イライラしたり頭にきたことに対して、コントロールしたり判断したりする事が難しくなります。

自分でも、「なんかものすごく怒っている」という事はわかっていても、止めようとは思わない、制御できない感覚にとまどいます。

 

産後うつを描いた「コウノドリ」でのお話しは、とても他人事とは思えませんでした。



まとめ

産後うつとマタニティブルーの大きな違いは、発症の時期とその期間にあります。

簡単にまとめると、

産後うつ

産後1か月位から発症し、症状が2週間以上続く。

マタニティブルー

妊娠中から産後1か月位までの間に発症し、症状が2週間以内くらいで自然におさまる。

 

どちらも、真面目で頑張り屋さんタイプが発症しやすい傾向があります。

疲れていても疲れたと言えず、頑張らなきゃ、やらなきゃ、と周りに頼れない人は要注意です。

 

とはいえ、今の時代、とても難しい問題でもあります。

 

核家族がとても多く、旦那さんは仕事に行ってしまうので、産後はどうしてもお母さんが1人になってしまいがちです。

まして、生まれたばかりの赤ちゃんを連れての外出は大変なものです。

BCGの予防接種を受ける前は、人ごみには連れていけないし、ベビーカーが苦手な赤ちゃんであれば、ずっと抱っこかおんぶになってしまいます。

 

買い物をしても持ち帰る荷物を考えて買わなきゃいけないし、上の子がいると上の子の育児も1人でやらなければいけません。

近くに実家や親せきがいれば頼る事も出来るのでしょうが、逆に親や義両親の言葉がプレッシャーになってしまう事もありますし、遠ければ頼り先もありません。

 

保育園などの一時預けもお金がかかり、家計への負担を気にしてしまうと預ける事も出来ずに結局1人になってしまうんですよね。

 

頼れる環境がない方は、産後うつとマタニティブルーの症状を覚えておいていただいて、少しでも気になる事がある場合は、地域の保健師さん、子育てセンター、心療内科などの専門家にSOSを出しましょう。

 

違っていたらそれでいいのです。

早めに気付く事が出来れば、そこから変わっていくことができますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です