記 事 作 成 依 頼 承 り ま す

Amazonの物販アフィリエイトは、もしもアフィリとA8.net、本家どれが一番いいの?

こんにちは。ソラウタです。

今はネットで商品が買える事が当たり前の時代。

商品などの宣伝も、テレビのCMや新聞雑誌などの広告だけでなく、ネットを利用したり、ネットを絡めたりなど、やり方のバリエーションも増えました。

 

少し前までは、アフィリエイトという商品の宣伝方法はメジャーではありませんでしたが、今ではどのホームページでも表示されてます。

このアフィリエイトというのは、子育て中の主婦や、学生、社会人の副業としてすることができ、広告代理店やメーカーなどに就職しなくても、手軽に広告を考え、扱える、素晴らしいシステムです。

 

この「誰にでも出来る」というイメージが定着しつつあるので、

 

「ちょっとお小遣いを稼ぎたいから、今流行ってるアフィリエイトをやってみるか」

 

といった感じで、やってみる人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際はなかなかうまくいかず、断念してしまう人がかなり多い!

 

うまくいかない最大の理由は、すぐ利益にならないという点。

要はこずかい稼ぎにもならず、それどころか経費でマイナスになってしまうということ。

やってみると、「誰にでも出来る」=「誰でも儲かる」という単純な仕組みではない、ってのを痛感させられます。

 

私はこれで心を消され、1回辞めたことがあります

ソラウタ

 

広告料、紹介料を頂く、というのがアフィリエイトの基本。

利益を出すにはしっかりと策を練って、貼った広告をクリックしてもらい、さらに商品を買って貰えるようなサイトが求められるわけです。

 

アフィリエイトを始めるには、ASPをどこにするか決める必要があります。

大手でもあるAmazonには、本を始め、日用品から専門的なものまで、幅広い商品を取り扱っていますので、初心者はあまり惑わず入っていけるのではないでしょうか。

 

利用者も多く、認知度、信頼度共に高いので、Amazonでのアフィリエイトは成約に繋がりやすいです。

 

そんなAmazonの商品でアフィリエイトをやっていこうと思っても、

 

「ASPをどこにしたらいいのかわからない」

「A8.netやもしもアフィリエイトとかでもあるけど何が違うの?」

「本家でやっているんだから、本家が一番いいんじゃないの?」

 

と思った事はありませんか?

 

なので今回は、Amazonの物販アフィリエイトをする場合、どれが一番やり易いのかを見極めるために、もしもアフィリエイト・A8net・本家Amazonアソシエイトの特徴を比較・検討してみました。

 

これからアフィリエイトを始める方、疑問がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

取りあえず手数料があるか、ないかで決めよう

折角稼ごうとするのであれば、無駄な出費や減益は避けたいところ。

私個人の考えとして、登録時に料金はかかるのか、振込みなどの現金化の際手数料は発生するかが決める基準にしています。

 

登録料とか、手数料とか大嫌い。特に銀行とか、現金化とかにでるやつ

ソラウタ

手数料を払いたくない そんな人はもしもアフィリエイト

私のような人は、取りあえずもしもアフィリエイトで行きましょう。

Amazonアソシエイトだと、報酬の現金化に手数料が発生します。

せっかくコツコツと稼いだ報酬が手数料で引かれてしまうのは、結構痛い。

 

その点でもしもアフィリエイトは、手数料なく現金化が可能。素晴らしいの一言に尽きます。

様々なデータで分析したい そんな人は本家

Amazonアソシエイトには、アソシエイトレポートというものがあり、そこで様々なデータをグラフで見ることができます。

前日の売り上げまでグラフで確認する事ができたり、レポートのデータ期間を自分で変更できるので、成約の傾向などを分析してサイトの改善に役立てることができます。

グラフになっていると一目瞭然。使ってみると、これが結構わかりやすい。

 

しっかりと分析していきたい派の方にはうれしいサポートです。

一応もしもでも期間を設定してあげれば、CSVデータをダウンロードすることで発生した収益を見ることもできます。

 

手数料さえなければ!!

ソラウタ



各ASPの特徴

手数料の有無がわかったところで、それぞれの特徴を見ていきたいと思います。

機能の違い、アフィリエイトとしてどのような取り扱い商品があるか、取り扱い広告数など、それぞれ違いがあります。

Amazonアソシエイトの特徴

まずはAmazonアソシエイトの特徴を簡単にまとめてみました。

Amazonアソシエイトの特徴
  • 登録にはサイトの審査がある
  • 報酬は2%から10%(上限は1件につき1,000円まで)
  • クッキーの有効時間は24時間
  • 報酬の受け取りは5,000円から(振込時の手数料300円)
  • 自動で広告が貼れる、おまかせシステムがある

最低報酬が2%から10%というのは、ありがたいですね。

数が多くなってくると1%の差は大きくなっていきます。

しかし、アフィリエイトリンクを押してもらってから24時間で購入までいかない場合、時間切れになってしまいます。

楽天などでは30日の有効期限がありますので、楽天とAmazonで差がでてくるポイントではありますね。

 

また、記事の質や量、サイトのジャンルなど登録時に審査があり、合格がまぁまぁ難しいと言われています。

しかし裏を返せば、しっかりと商品をオススメするサイトや記事を作る事に繋がるので、アフィリエイト広告の掲示を考えれば、審査が厳しい事がデメリットになるというわけではないと思いますが、気軽に始めたい方にとって、この審査はネックになるようです。

 

報酬の受け取りについても5,000円から、しかも手数料が発生し、その分が引かれて現金化される、という点でも考えてしまう方は多いです。

しかし、豊富な商品数や認知度の高いAmazonという事で、成約率は高いです。

また、おまかせで広告を貼ってくれる自動システムがあるので、定期的なメンテナンスが難しい方や、取りあえず物販や!という方に便利なシステムです。

 

これが楽天やヤフーだとさっぱり発生しない。それどころかクリックも少ない

ソラウタ

もしもアフィリエイトの特徴

次は、もしもアフィリエイトです。

同じように特徴を簡単にまとめてみました。

もしもアフィリエイトの特徴
  • 報酬率についてはAmazonアソシエイトとほぼ同じ
  • W報酬制度がある(Amazonは対象外)
  • 収益化が実現できるようにサポートなどで協力してくれる
  • 使いやすい、わかりやすい、簡単
  • 報酬の受け取りは1,000円から(振込時の手数料なし)

報酬率はAmazonアソシエイトとほぼ同じですが、もしもアフィリエイトの最大の特徴は、W報酬制度

報酬の合計に10%のボーナスが追加されるという素晴らしいサービスがあります。

 

Amazonは対象外となっているようですが、他に取り扱っている広告で成果が発生した場合に、このW報酬制度が適用されます。

(まだ私は発生したことないですが・・・)

その他にも、初心者にとってわかりやすいサポートや、収益化が出来るように、わかりやすいデータなどがあり、使っている方の評判はとてもいいようです。

報酬受け取りも1,000円から受け取ることができ、手数料もないので気軽に始めてみようと思う人にはもってこいのASPになります。

 

また登録時の審査が受かりやすく、AmazonやA8.netでダメでも、もしもアフィリエイトではいけた!という話も結構あります。

広告数は多くはないようですが、他社にはない広告があったりするので、このあたりの事は一長一短でしょう。

 

現時点でブログやサイトがなくても、無料で簡単にサイトを作ることが出来たり、広告をいれる場所を自由に選べたり、どの記事にはこの広告が関連していると教えてくれたり、とにかくわかりやすく初心者には助かる機能が満載。

サイト作りが自分には難しい、と思っている方には人気が高く、とっつきやすいASPです。



A8.netの特徴

最後にA8.netの特徴をまとめてみました。

A8.netの特徴
  • アフィリエイト業界で最大規模の会員と広告数がある
  • 大手以外も扱っているので、幅広いジャンルから選べる
  • 自分で商品を買っても報酬がもらえる
  • ブログやサイトがなくても登録ができる

アフィリエイト業界でも最大手のA8.netは、規模の多きさから会員数・広告数がとても多いASP。

様々なショップを取り扱っているため、目当ての広告がない、ということが少ないです。

ほとんどのアフィリエイターが登録しているという、大人気のA8.net。

こちらも、自分のブログやサイトがなくても登録OKです。

 

厳密には登録するときに、ファンブログという無料サイトを申し込みの際に作ります。

 

A8.netでは、自分で商品を買っても、アフィリエイト報酬がもらえるという素晴らしいシステムがあります。

アフィリエイトで広告を出すのに、商品を知っておきたい、という方にはとてもありがたいシステムですね。

 

初心者向けのセミナーなど、サポートも充実していて、わかりやすく簡単に使えるので、満足度は8年連続1位。

アフィリエイトをするのであれば、登録しなければいけないと言っても間違いではないです。

まとめ

特徴はそれぞれありますが、大きな違いはやはり手数料。また広告数や取り扱い商品にあります。

自分のサイトの方向性や、アフィリエイトをやる中でどこに重きを置くかにより、選ぶASPも変わってくると思います。

 

また、Amazon商品だから本家であるAmazonアソシエイトが、一番収益が出やすいのかというと、一概にはそういうわけでもなく、あくまでサイトや記事の質が収益に直結してきます。

 

手数料や審査など、気になるところもありますが、まずは自分のサイトをしっかりと質の良いものにして、成約数を増やしていける事が一番。

登録料などは発生しないので、複数のASPに登録し、うまく活用してアフィリエイト事業を成功させていきたいところ。

まぁまずはしっかり記事を書いていかないといけないですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です