記 事 作 成 依 頼 承 り ま す

簿記2級と3級とはどんな資格か 違いと、難易度は?難しい?

こんにちは。ソラウタです。

「簿記」という言葉、ご存知ですか?

 

聞いた事はあるけど、イマイチよくわからない

ソラウタ

 

という方も多いと思います。

 

簿記とは、会社を経営するにあたり、決算の時に使う書類を作るために必要な作業です。

その作業には一定のルールがあり、簿記を学んでいくうえで、そのルールを勉強する事ができます。

勉強し、知識を持っている証明として「簿記検定」という資格があり、取得すると履歴書に記載することもできます。

 

経理などの仕事をするには必須の簿記の知識。

資格を取得していなくても、経理作業は経験を積めば出来ますが、あらかじめ簿記の知識があると就職・転職に有利になる事があります。

 

即戦力が叫ばれる時代。知識を持っていることを示す資格があれば、当然有利になるな

ソラウタ

 

そこで今回は、簿記検定の資格について、2級、3級の違いについて初心者の方でもわかりやすく説明していきたいと思います。

 

簿記とは何か?初心者にもわかりやすく簡単に説明します!

どんなものかイメージがあるかないかで、勉強していても吸収力が違います。

なのでまずは「簿記」とは何なのか、から説明していきましょう。

簿記とは何か?

「簿記」という言葉、これは、「簿=帳簿」「記=記入」からきている言葉です。

 

簡単に、ざっくり言ってしまえば、帳簿に記入をしていく作業、これが簿記です。

何を記入していくのかというと、会社の取引に関わる内容の全てです。

 

って言われてもイマイチわからんよ

ソラウタ

 

簿記はものすごくわかりやすく言い換えれば、会社のおこずかい帳です。

 

みなさんは、子どもの頃におこずかい帳をつけた事はありませんか?

入金と出金、使った内容を書くだけのシンプルなものです。

主婦の方であれば、家計簿をつける方もいらっしゃいますよね。

要は、あれと同じです。

 

日々、お金の流れやその内容をしっかりと記入しておかないと、忘れてしまって間違いが出てしまうと思います。

 

気づいたら財布からマネーが・・・なんてよくある話

ソラウタ

 

会社規模になった場合、おこずかい帳や家計簿のように記帳する帳簿の数が一気に増えます。

会社の経費の流れや売り上げ、費用などを日々帳簿に記入していき、最終的には資産・利益などが一目でわかるように表にしていく必要が出てきます。

そして表を見て、経営状況を把握し、その先の会社運営や運営の方針決めに役立てるという事になります。

 

株式会社の場合、最終的につくる表=決算書を公開し、株主の方々へ報告します。

新聞などに載っているのを見たことがある方もいるかと思います。

その表=決算書を作るための作業を簿記といい、資格取得を通してその知識と術を得ることができます。

簿記の取得って難しいの?

結論から言いますと、簿記が難しいかどうかは人によります。

 

WHY!?!?

ソラウタ

 

例えば商業関係の高校や専門学校、大学に行って勉強をした人、経理経験者に言わせると、簿記は難しくありません。

でも、全く畑違いの仕事をしている人は、簿記は難しいと感じる人が非常に多いです。

難しいと感じる2つの理由

一つ目は、簿記は会社の会計処理、税務処理に使われるので、専門用語がかなり多いです。

日常的に生活をしていると使わない言葉が多々あり、専門用語を覚えない事には全く話になりません。

 

この専門用語は生活に密着しており、勉強しようと思えば割と簡単に覚える事が出来ます。

しかし、暗記が苦手な方、普段全く使わない言葉を地味に覚えて行くことが苦手な方には難しいと感じます。

 

 

二つ目は、簿記の基礎をきちんと理解しながら勉強を積んでいかないと、最終的な計算が合わなくなってしまって、どこを間違えたのかわからないと感じてしまう事です。

 

何事も基本や基礎が大事だ

ソラウタ

 

簿記は数字を使ってお金の計算をする事が基本になるので、最終的なお金の数字はぴったり合います。

合わない場合はどこかで、何かが間違えているという意味でとてもわかりやすいのです。

でも、おこずかい帳や家計簿のように、現金の収入と支出だけではなく、会社の取引がいろいろとあるため、ややこしく感じてしまいます。

これが難しいと感じるところです。

 

裏を返せば、1つ1つしっかりと記入し、内容を把握さえすれば、基本的に間違えは発生しないので、難しい事でも何でもないわけです。

 

社会や理科のように興味のある所だけを先に勉強するという事が出来ず、算数・数学のように小学校の勉強から地道に積み上げていかないと難しく感じてしまう所があるのかもしれません。

なので地道に積み上げる事さえ出来れば簿記は難しくありません。

 

参考までに、簿記に出てくる計算はとても簡単です。

そのほとんどが足し算と引き算しかありません。

たまに掛け算・割り算が出てくるくらいで、計算自体も電卓で行いますので、計算が苦手、という方でも簿記の場合は問題ではありません。

小学校の算数レベルの計算のやり方がわかっていて、電卓での足し算引き算が出来れば大丈夫です。

 

簿記の勉強をすると、何に役立つの?

簿記が必要になる仕事をする場合、簿記の勉強はとても役に立ちます。

経理職などの職業をピックアップして、何が役に立つかまとめていきたいと思います。

経理職の方に役に立つこと

簿記が必要になる仕事の代表としては経理職があります。

経理の仕事は、会社のお金に関する仕事全般を業務としていますので、簿記の知識は必須です。

 

資格のあるなしに関わらず、社内の帳簿は手書きか、パソコンでの入力作業になります。

内容は、小切手や手形、支払や振込、請求書や領収書など、業務に必要な書類の作成。

記入をする際、簿記の知識がとても役に立ちます。

知識がある事で正しい経理処理が出でき、間違いにその都度気づく事ができるので、中小企業の経理職を希望される場合は勉強をしておいた方がいいでしょう。

 

大企業の経理の場合は、経理作業の一部分を担当する事にはなります。

やはり全体の流れをわかっている中で、一部の担当作業をするには、社内経理の流れと簿記をわかっている必要があり、問題や改善が必要になった場合にとても役に立ちます。

 

最終確認は人間がきっちりしないと。そのために簿記取得だな

ソラウタ

経理職以外の方

事務職、営業職でも簿記の知識が役に立つ時があります。

 

社内の書類、例えば、見積書、納品書、請求書、領収書などの一連の流れや数字の見方、在庫整理、伝票などの数字の見方書き方など、簿記の勉強で見た事のある書類がありますので、とても役に立ちます。

 

会社によっては、経理以外の事務職でも、領収書や手形・小切手を扱う場合もありますし、帳簿の1つである売掛帳・買掛帳、経費精算などを記入(パソコン入力)する場合もありますので、勉強をしておいて損になる事はまずありません。むしろ重宝されると思っていただいて間違いないでしょう。

経営に携わる方

経営に携わる方は、簿記の勉強は必須と言えます。

決算書の作成は業務上必要な事になりますので、簿記の知識がとても役に立ちます。

また、費用削減や業務改善、経営状況などは簿記の知識なくして語る事は出来ません。

 

中小企業の経営に関わる方であっても、会計士や税理士任せにすることなく、自身で経営状況を把握しておく事は立場上、いずれ必要になる事です。

簿記では2級で財務の流れや連結決算に関わる知識、在庫管理などの工業簿記も合わせて勉強しますので、資格を取るか取らないかに関わらず、勉強しておく事をおすすめします。

簿記には種類あるの?

では、簿記検定を取得する場合、種類には何があるのでしょうか?

現在の簿記検定には主催の違う検定が3種類あります。

  • 日本商工会議所主催 日商簿記検定
  • 全国経理教育協会主催 全経簿記能力検定
  • 全国商業高等学校協会主催 全商簿記実務検定試験

全国商業高等学校協会主催 全商簿記実務検定試験

商業高校主催というくらいなので、商業高校の生徒が多く受験している簿記検定です。

学校で習っている内容に基づいて作られている試験なので、学校での勉強をしっかりとやっていれば合格できる検定です。

 

簿記検定以外にも、珠算電卓検定や情報処理検定など商業に関わる検定があり、多くの商業高校に通っている生徒が資格取得のために受けています。

全国経理教育協会主催 全経簿記能力検定

一般の方も受けていますが、多くは専門学校などで勉強している生徒が受けている検定です。

経理に関するもの(簿記検定、計算実務検定など)、社会人に必要なもの(社会人常識マナー検定、文書処理検定など)の検定があり、日商と比べると取りやすい検定と言われています。

 

簿記検定に関しては、日商2級では商業簿記と工業簿記が含まれますが、全経では商業簿記2級、工業簿記2級と別れている所が大きく違います。

日本商工会議所主催 日商簿記検定

簿記検定と言えばまず思い浮かぶのが日商簿記検定です。

認知度が一番高く、難易度も3つの種類では一番高いといってもいいでしょう。

 

よく言われているのが、全商簿記2級と日商簿記3級、全商簿記1級と日商簿記2級が同じ位のレベルという事です。

このように考えると、日商簿記検定の難易度が高い事がわかります。

 

また、後述しますが履歴書によく書かれる簿記検定として日商が多いです。

認知度、レベルを考慮した場合、一番難易度の高い資格を記載する事が一般的です。

3級と2級の違い どっちを受ければいいの?

一番多く取得されている日商簿記検定3級と2級。

違いには何があるのでしょうか?

日商簿記検定を例にその違いを調べてみました。

簿記3級の特徴

経理に関する処理や簡単な実務が出来るレベル

中小企業の経理作業に役に立ちます。

 

金銭の流れや帳簿関連の流れ、記入方法から決算書類の作成まで、一連の流れを3級で勉強します。

簿記の基本に始まり、大まかな決算までの流れを勉強しますので、中小企業の経理を1人から数人で担当する場合、3級の勉強で十分役に立ちます。

簿記2級の特徴

基本的な簿記の知識に加え、財務や経営状況についてもわかるレベル。

商業簿記だけではなく、工業簿記も習得できるため、経営・財務に関する人は必須。企業に一番求められている資格でもあります。

 

3級の基礎よりさらに細かい処理の勉強をします。2級の大きな特徴として、商業簿記以外に在庫を管理する工業簿記の勉強が入ります。

連結決算などの複雑な経理、新しく工業簿記を勉強する事により、難易度がグッとあがりますが、簿記検定としての資格の効果は、この2級を取っている事で大きく上がります。

履歴書にも書ける資格として取得しておいた方がいいの?

自分の技能を客観的に証明できるものが資格ですよね。

運転免許や英語検定など誰もが知っている資格から、あまり認知度が高くない資格までさまざまな資格があります。

 

その中でも簿記検定は認知度がとても高い資格です。

特に求人の応募条件にも記載されている会社もありますので、職種、業務によっては簿記検定を取得しておいた方がいいでしょう。

 

簿記3級と2級など、簿記の中で違う級を取得している場合は、一番レベルの高い級を履歴書に書きます。

主催の違う簿記検定であれば、それぞれの主催ごとに書いても構いませんが、簿記検定と言えば日商をイメージする方が多く、レベルも一番高いので、日商簿記を取得しておくと有利です。

 

また簿記検定を持っていると数字に強いというイメージがあり、日商簿記2級を持っているということは、財務や損益の見方がわかると見られ、就職活動の後押しをしてくれる検定の1つです。

検定の日程と申込み方法

それぞれの検定のおおまかな日程と申込み方法です。

以下は過去の日程を参考に記載していますので、必ずホームページで詳細を確認してください。

日商簿記検定

◎日程

簿記初級・原価計算初級

ネット試験ですので、ホームページの各ネット試験会場を確認して下さい。

簿記2級、3級

6月・11月・2月の年3回

簿記1級

6月・11月の年2回

◎申込み:

各地の商工会議所で申込みの受付をする所と郵送・インターネットで受け付けをする所があり、各商工会議所により申込み方法が違います。

受験を希望する地域の商工会議所へ確認をしてください。

全国経理教育協会主催 全経簿記能力検定

◎日程:5月・7月・11月・2月の年4回(上級は7月・11月のみ)

◎申込方法:

個人で申し込む場合、インターネットでの申込みになります。スマートフォンからでも申込みが出来ますので、全経のホームページから申し込みをして下さい。

インターネットの環境がない場合は、会場で申し込む事も出来ますが、その年の会場はホームページでの確認する事になります。

全国商業高等学校協会主催 全商簿記実務検定試験

◎日程:6月・2月(1月の年もあり)の年2回

◎申込方法:在学している商業高校で申込みが出来ます。

まとめ

簿記検定について、初心者の方でもわかるように説明してきましたがいかがでしたでしょうか?

仕事をする上で、数字を把握する事、伝票や書類を見たり書いたりする機会は何かとあるものです。

そんな時、数字や伝票・書類関係に抵抗がないという事は、ある意味、大きな強みとなりますよね。

 

ミスに気付き、事前に防ぐ事は業務の流れをスムーズに出来ますし、業務改善の提案にも簿記はとても役に立ちます。

 

経理職を希望される方を始め、経理職以外を希望される方でも社会人の常識として簿記の勉強をしてみてはいかがでしょうか?

実務に役立つ資格として、おすすめの資格と言えますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です