記 事 作 成 依 頼 承 り ま す

母乳にアレルギー予防の効果はなかった!完全ミルクで全然問題なし!

こんにちは。ソラウタです。

赤ちゃんを現在育てているママさん、パパさん。

母乳育児ですか?ミルク育児ですか?

 

きっと出産した病院で母乳じゃないと、免疫やアレルギーがと言われたりして、

「母乳で育てないとダメだ」

そんな観念に囚われているのではないでしょうか。

 

うちも大学病院でそんな風に言われたり、今までの慣習で結構母乳かミルクかって悩んだ

ソラウタ

 

結局、どっちでも元気に育つだろうと混合で育てましたが、心のどこかでは

「母乳だったらもっと体は丈夫だったのかな・・・」

なんて悩んだり、思ったりもしました。

授乳時期には、どうして男からは母乳が出ないんだと何度も思いましたね。

同じように悩んでる人に向けた記事を書いています。完全母乳でも完全ミルクでも元気に育つ!好きなほうで育てようを見てください。

母乳でもミルクでもどっちでも子どもは育つ!悩むくらいなら割り切っちゃおう

 

そんな中、スマホでニュースを見ていたら、驚くニュースが目に入ってきました。

なんと国が授乳について指針を改定したのです。

 

内容を見ていくと、ミルクで育てたい親御さん、混合で育てたい親御さんの環境改善、母乳育児について悩んでいるママさんを勇気づけ、後押ししてくれるような内容でした。

親としていてもたってもいられなく、今回記事にしました。

 

それ以外にも、健康関係での知識もありましたので、ママさんパパさんは一度見てください!

授乳について12年ぶりに国が指針改定

厚生労働省の研究会で12年ぶりの指針改定となりました。

その内容は、

母乳にアレルギー疾患予防効果はなく、母乳育児にこだわる必要はない

というもの。

 

今まで(2019年3月時点の現行)では、「母乳は赤ちゃんのアレルギー疾患予防に対して一定の効果はあるよ」としていました。

しかし、最新の研究結果と知見により、それらの効果はなく、ミルクでもなんら問題ない、さらには混合だと肥満になるとされていた情報はガセだったということがわかりました。

 

2019年度以降、全国の産科施設や保健師さんへの情報伝達、また母子手帳にも反映していくそうです。

 

根拠があって、正確な情報だから母乳で悩んでいる人にとって物凄く救いになる!

ソラウタ

 

国としても、母乳育児に悩んでいるママさんの現状は良しとしていなかったようで、粉ミルクや液体ミルクを選ぶママさんの意思や決定を尊重すべきだし、母親に安心感を与える必要があるとしています。

 

これについては、私個人も大賛成。

現状病院だけでなく、今の40代~で子育て経験者の人たちには母乳神話が浸透しています。

子育て世代にとっては、今回の改定は非常に助かるものとなりそうです。

 

ニュースを見て、私自身も少し心が楽になりましたしね。



新生児の食物アレルギー対策を母子手帳へ反映

アレルギー予防効果の有無だけではなく、食物アレルギーの発症に対してどのように対応すればいいかも記載されるそうです。

 

また、卵アレルギーを予防する離乳食に関する新たな見解も盛り込まれた。国立成育医療研究センターによる研究などをもとに、これまでより早い離乳食の初期にあたる生後5~6カ月から、加熱した卵黄を試すことを推奨している。

引用元:朝日新聞 様 母乳にアレルギー予防効果「なし」 厚労省が新指針

 

今回のニュースで知ったのですが、食物アレルギーの原因となる食べ物は、摂取する時期を先送りにすればするほど発症する可能性が上がるみたいです。

離乳食開始に合わせて、何をどのくらいの時期に食べさせるといいか調べて食べさせてあげましょう。

 

母子手帳にアレルギーについて記載あったのは知らなかったな・・・意識が低い証拠だ・・・

ソラウタ

まとめ

今回の記事、ニュースのポイントは

「授乳・離乳の支援ガイド」改定案のポイント

▼生後半年間の母乳育児によるアレルギー疾患の予防効果はない

▼母乳のみと混合栄養(母乳と粉ミルクを併用)では、肥満リスクに差はないため、誤解を与えないように配慮

▼粉ミルク育児を選択する親の決定を尊重し、安心感を与える支援を

▼母乳育児の場合、生後半年間まで鉄やビタミンDが不足しやすいとの報告もあり、母親の食事で補給が必要

▼食物アレルギーの原因食品の摂取を遅らせることで、発症しやすくなる可能性。卵黄なども生後5~6カ月から与えるよう情報提供

引用元:朝日新聞 様 母乳にアレルギー予防効果「なし」 厚労省が新指針

です。(一部取り上げていない内容もありました。)

なんか子育て関連で、久々に明るく、前向きなニュースを聞いたような気がしますね。

 

一応、母乳に一定の効果があるのは間違いないそうですが、今まで信じていたような過度な期待はNG。

日中母乳を上げて、夜は旦那さんに任せてミルク、そんな子育てがし易くなる気がします。

少なくとも、うちはそうです。

 

今悩んでいるママさん。

母乳でも、ミルクでも十分元気に育ちます。

余り悩まずに、子育てしていきましょうね。

 

今回のニュースは下記から見れます。全文を見るには無料登録が必要になりますが、損はないと思いますので是非!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です